境内案内

「山門」

guide_sanmon

慈眼寺の入り口には、赤い山門がまず眼に入ります。
両脇には、仁王像があり、参拝者を迎えます。
2階は鐘楼となっており、大晦日には鐘をつくことが出来ます

「本堂」

guide_hondo

御本尊は聖観世音菩薩、伊予国豊田郡七宝観音寺より移されたものと伝えられています。
前の本堂は元禄14年に再建され、現在の本堂は昭和43年に新築し、現在に至ります。

「墓地」

guide_bochi

富士山や高尾山をはじめ、武蔵野の地が見渡せる慈眼寺の山の斜面には、古くからの檀家の方々の墓地が並んでいます。

guid_bochi2

そして、爽やかな風が吹き抜ける山の上には、広大に広がる大地となっており、新たな墓地区画が出来上がっています。

guid_bochi3

「慈眼寺の環境」

guide_kankyo

慈眼寺を取り巻く里山は、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、など四季折々の風情が感じられます。
境内には樹齢約400年のといわれる榧の木、そして約300年と言われる銀杏の木がそびえています